申し込みブラックとは?

 

クレジットカードの審査に落ちる理由について、申し込みブラックと呼ばれる状態についてご説明します。

 

 

申し込みブラックとは?

 

クレジットカードを作るには、カードの申し込みを行います。その際、カード会社が審査を行いますが、申し込みブラックと呼ばれる状態でローン審査に不合格となる場合があります。

 

申し込みブラックとは、短期間に数種類以上のクレジットカードを一度に申し込んでいる状態です。

 

クレジットカードの申し込み履歴も情報信用期間に集められます。従って、どのカード会社にいつカードを申し込んだかは容易にわかります。

 

短期間にクレジットカードを数多く申し込むと、現在はローン残高が少なかったとしても、新たに手に入れたクレジットカードのキャッシング枠などを利用して、急激にローン残高が増える可能性が考えられます。

 

しかも短期間に急激に申し込みを行っている場合には、申込者のお金が足りなくなっている危険性を考慮して、新たなクレジットカードの審査には不合格となる場合があります。

 

この状態を一般に申し込みブラックと呼びます。申し込みブラックとなる基準は、明確には決まっていませんが、6ヶ月間に2枚程度のカードまでであれば、申し込みブラックとはならないようです。

 

 

申し込みブラックになった場合、どうすればいいの?

 

まずは、一定期間クレジットカードの申し込みを行わないことが肝心です。クレジットカードの申し込みの結果、審査に落ちたということも信用情報として残りますので、審査に落ちた実績がある状態で新たなカードを申し込んでも、不合格となる可能性が高いといえます。

 

一般に、最低6ヶ月以上間を開けて申し込むと、前回のカードの不合格となった履歴が消えて、新たなクレジットカードの審査に合格しやすいといわれています。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり