信用情報機関って何?

 

クレジットカードの審査について、信用情報機関とはどのような機関で、審査にどのように影響するのでしょうか?

 

 

信用情報機関とは何?

 

信用情報機関とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報を取りまとめている機関です。

 

日本の大手信用情報機関には、以下の様なものがあります。

 

  1. 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  2. 基本基には、銀行が加盟しています。銀行が発行しているクレジットカードやローンの状況などの情報が集められています。また、銀行系のクレジットカード会社も加盟しています。

     

  3. シー・アイ・シー(CIC)
  4. CICは、もともと流通業・信販・クレジットカード業の信用情報を集めるために設立された機関です。クレジットカードの発行会社や信販会社、信用保証会社、ローン・リース会社などが会員に連なっています。最近では、銀行系の会社についても参加しています。

     

  5. 日本信用情報機構(JICC)
  6. JICCは、貸金業者系の信用情報機関です。もともと大手消費者金融会社である武富士、アイフル、アコム、プロミス、レイクなどが会員でしたが、最近では、銀行系のカードグループや流通系のカードグループなども幅広く参加しています。

 

 

クレジットカードの審査に、信用情報機関はどのように影響するの?

 

信用情報機関には、会員の銀行やクレジット会社などが取り扱っているローンなどの契約状況や支払い状況が集められます。

 

また、会員の会社は、個人の信用情報を信用情報機関に問い合わせることにより、他社とのローンなどの契約状況やクレジットの支払い状況などを知ることができます。

 

また、金融事故などの情報は、KSC、CIC、JICCの3社の情報が共有されていることもあり、重要な信用情報は、ほとんど全て集約されているといっても過言ではありません。

 

従って、過去にローンの支払が延滞したなどの事故があると、信用情報機関を通じて全て知られることになります。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり