勤務状況に関する条件とは?

 

クレジットカードの審査に落ちる理由について、勤務状況に関する条件とはどのようなものでしょうか?

 

 

勤務状況によって、クレジットカードの審査に落ちることがあるの?

 

クレジットカード審査では、収入が安定していることが求められます。従って、就職したばかりで勤続年数が短い場合などは、審査に落ちることもありえます。

 

勤務形態や勤務先などによっても違いがでてきます。サラリーマンや公務員などは比較的安定した職業とみなされるため、クレジットカードの審査では有利になります。

 

一方、アルバイトや個人事業主の場合には、サラリーマンに比べて収入が安定しない側面があります。例えば、事業を立ち上げた直後などでは、クレジットカードの審査に合格することは難しいと思われます。

 

 

勤務状況によって、クレジットカードの審査に落ちた場合はどうすればいいの?

 

勤務状態によってクレジットカードの審査に落ちたと思われる場合には、ある程度勤務を継続して、勤続年数が増えてから再び申し込めばよいということになります。

 

しかし、そのように長く待っていられないという人の場合には、キャッシング枠やリボルビング払い枠のないクジレット専用カードに申し込むという方法があります。

 

一般にキャッシングやリボルビング払いはお金を借りているローンの状態です。しかし、1回払いのクレジットは決済日まで建て替えてもらっているという状況となります。

 

クレジット払いのみであれば、キャッシング併用のカードに比べて勤務状況に対する審査が甘くなることが考えられます。

 

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり

記事一覧

クレジットカードの審査に落ちる理由について、年収に関する条件とはどのようなものでしょうか?年収によって、クレジットカードの審査に落ちることがあるの?クレジットカード審査の要件の一つが、安定した収入があることです。従って、年収が低い場合や、年収が多かったり少なかったりばらつきがある場合などは、安定した収入とみなされず、クレジットカードの審査に落ちる可能性があります。一般に、クレジットカードの審査に必...

クレジットカードの審査について、他のローンがある状態でも大丈夫でしょうか?他のローンがあれば、クレジットカードの審査が不利なの?クレジットカードの審査に落ちてしまう理由の一つとして、他のローンが多いということが挙げられます。住宅ローンやカーローンなど、使用目的がはっきりしているローンについては、あまり問題とならないことが多いですが、キャッシングやカードローンなど、どのような目的にでも使えるローンに...

クレジットカードの審査について、申込書に記載する事項は、どこまで正しく書かないといけないのでしょうか?クレジット会社が独自に調査する事項は、正しく書かないとバレるの?クレジットカード会社が自主的に調査したり、確認したりする項目として、個人の信用情報が挙げられます。信用情報には、申込書にも記載する現状のローンやキャッシングの件数や残高、返済状況が含まれています。従って、クレジットカードの審査に通りや...

クレジットカードの審査について、どのような場合に年収や所得を証明する必要はあるのでしょうか?また、どうやって証明すればいいのでしょうか?年収や所得の証明が必要な場合は?一般に、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠が50万円を超える場合には、年収や所得を証明する資料を提出する必要があります。他社のローン残高を含めて総借入額が100万円を超える場合にも、年収や所得の証明書を提出しなければなりま...

クレジットカードの審査に落ちる理由について、クレジット履歴がないと通らないのでしょうか?ローンなど全く抱えていないのにクレジットカードの審査に落ちることがあるの?クレジットカードの審査に不合格となるケースとして、最も考えられることが、他社から借りているローン件数や残高が多い、過去にローン返済が滞ったことがある、年収や職業が不安定などの要因です。しかし、全く逆に、これまで全くクレジット決済やローンを...

クレジットカードの審査に落ちる理由について、個人属性に関する条件とはどのようなものでしょうか?年齢に関する条件とは?年齢に関する条件は、クレジットカード会社ごとに決まっています。年齢の下限は18歳以上と設定しているところが多いようです。上限については、設定がなかったり、65歳以下などと設定したりと、カード会社によって異なっています。18歳以上であっても、高校生の場合にはクレジットカードに申し込むこ...