クレジット履歴がないと通らない?

 

クレジットカードの審査に落ちる理由について、クレジット履歴がないと通らないのでしょうか?

 

 

ローンなど全く抱えていないのにクレジットカードの審査に落ちることがあるの?

 

クレジットカードの審査に不合格となるケースとして、最も考えられることが、他社から借りているローン件数や残高が多い、過去にローン返済が滞ったことがある、年収や職業が不安定などの要因です。

 

しかし、全く逆に、これまで全くクレジット決済やローンをしたことがなく、金融事故などとは無縁の人でも、クレジットカードの審査に不合格となる場合があります。

 

クレジットカードを申し込んだ場合、カード会社は提携している情報信用機関に申込者の信用情報を照会します。通常は、金融事故などいわゆるブラックリストに載った状態にないかどうかを確認することになります。

 

一方、信用情報が全く記載されていない場合は、スーパーホワイトなどと呼ばれるケースがあり、場合によっては、ローン審査に不合格となる場合もあるようです。

 

 

何故、クレジット履歴がないと不合格となる場合があるの?

 

申込者が20代など比較的若い人の場合には、信用情報の履歴がなくてもさほど不自然ではありません。スーパーホワイトであっても、年収や職歴などに相応の枠でクレジットカード審査に合格できるものと思われます。

 

しかし、ある程度年を重ねた人がスーパーホワイトだった場合、初めてクレジットカードを持つのではなく、民事再生などの金融事故を起こしたために、クレジット履歴がないのではないか?などと疑われることがあります。

 

信用情報の履歴は一定期間たつと消えますので、スーパーホワイトの場合、過去に消えしまった金融事故のせいかどうかを判断することができないわけです。

 

基本的には、スーパーホワイトとならないよう、1枚でいいのである程度若いうちにクレジットカードを持っておくことがお勧めです。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり