個人属性に関する条件とは?

 

クレジットカードの審査に落ちる理由について、個人属性に関する条件とはどのようなものでしょうか?

 

 

年齢に関する条件とは?

 

年齢に関する条件は、クレジットカード会社ごとに決まっています。年齢の下限は18歳以上と設定しているところが多いようです。上限については、設定がなかったり、65歳以下などと設定したりと、カード会社によって異なっています。

 

18歳以上であっても、高校生の場合にはクレジットカードに申し込むことができません。高校生以外であれば、就職していない大学生などであっても申し込むことは可能です。

 

また、未成年の場合には、クレジットカードを申し込む際に、親の同意が必要です。

 

ただし、クレジットカードにキャッシング枠がついている場合には、親の同意があっても未成年は申し込むことができません。

 

 

その他の個人属性の条件とは?

 

クレジットカードの申込書には、年齢以外にも、本人の名前、住所、電話番号、世帯構成、配偶者の有無、扶養家族の有無、住居形態、住宅ローン契約の有無、住居年数などの個人属性を記入する必要があります。

 

これらの項目については、クレジットカード審査の合格に必要な明確な条件があるわけではありません。

 

本人の名前、住所などについては、申し込み時に必要な身分証明書と合わせて、間違いなく本人が申し込んでいるかということが審査のポイントになります。

 

また、住居形態や住宅ローン契約の有無、住居年数などについては、明確な居住場所があり、連絡がつかなくなるリスクがどの程度あるかということが審査されます。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり