年収に関する条件とは?

 

クレジットカードの審査に落ちる理由について、年収に関する条件とはどのようなものでしょうか?

 

 

年収によって、クレジットカードの審査に落ちることがあるの?

 

クレジットカード審査の要件の一つが、安定した収入があることです。従って、年収が低い場合や、年収が多かったり少なかったりばらつきがある場合などは、安定した収入とみなされず、クレジットカードの審査に落ちる可能性があります。

 

一般に、クレジットカードの審査に必要な年収については、明確になっていません。

 

特殊な場合として、ゴールドカードやプラチナカードなど、グレードの高いクレジットカードの場合には、年収の条件が400万円以上や700万円以上などと明記されている場合もあります。これらのカードについては、年収条件を満たさないと審査に合格することはできません。

 

 

年収によって、クレジットカードの審査に落ちた場合はどうすればいいの?

 

サラリーマンや公務員などの場合には、年収が多いか少ないかの違いはあるものの、ある程度安定しているとみられますので、年収そのもので審査に不合格になるケースは少ないと思います。

 

個人事業主の場合には、年収(所得)を安定させることが一番です。といっても、売上高を操作したり、粉飾決算をしてはいけません。合法的に年収を安定させる方法としては、売上高の予想に見合った経費に削減することなどが考えられます。

 

今年の売上が思わしくない場合には、翌年でもいい経費は翌年に回すなどして、安定した所得が得られる工夫などが考えられます。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり