年収や所得を証明する必要はあるの?

 

クレジットカードの審査について、どのような場合に年収や所得を証明する必要はあるのでしょうか?

 

また、どうやって証明すればいいのでしょうか?

 

 

年収や所得の証明が必要な場合は?

 

一般に、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠が50万円を超える場合には、年収や所得を証明する資料を提出する必要があります。他社のローン残高を含めて総借入額が100万円を超える場合にも、年収や所得の証明書を提出しなければなりません。

 

また、クレジットカードの申込者が自営業者や個人事業主などの場合には、キャッシング枠が50万円以内の場合でも、年収証明書の提出を求められることがあります。

 

 

年収や所得をどうやって証明すればいいの?

 

では、年収や所得の証明書とは、具体的にどのようなものでしょうか?

 

サラリーマンの場合には、年収が審査対象になります。年収を証明する書類として、会社から発行される源泉徴収票を提出することが最も一般的です。

 

サラリーマンであっても確定申告を行っている場合には、確定申告書などでもOKです。

 

自営業者や個人事業主などの場合には、収入から必要経費を差し引いた所得が審査対象になります。所得の証明書類としては、確定申告書や課税証明書などを提出することが一般的です。

 

基本的には、最新分の1年間の所得を証明すればOKですが、所得が安定していることを示すために、数年分を提出する戦略もありえます。

 

アルバイトやパートなどで、確定申告を行っていない場合には、会社から支給される給与支払い明細書でも大丈夫です。しかし、月々の明細書の場合には、直近数ヶ月分を提出することが求められます。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり