他のローンがあっても大丈夫?

 

クレジットカードの審査について、他のローンがある状態でも大丈夫でしょうか?

 

 

他のローンがあれば、クレジットカードの審査が不利なの?

 

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由の一つとして、他のローンが多いということが挙げられます。

 

住宅ローンやカーローンなど、使用目的がはっきりしているローンについては、あまり問題とならないことが多いですが、キャッシングやカードローンなど、どのような目的にでも使えるローンについては、ローン残高の合計が多かったり、多くの会社に対してローンがあったりするいわゆる多重債務状態では、クレジットカードの審査に不合格となる場合があります。

 

 

どの程度のローンがあると、クレジットカードの審査に落ちるの?

 

どの程度のローンがあるとクレジットカードの審査に落ちるかは、その人の収入などによって異なります。

 

消費者金融系のクレジットカードの場合、年収の1/3を超える融資を行うことができません。

 

従って、キャッシング枠付きのクレジットカードなどは、他社の借り入れとキャッシング枠が年収の1/3を超えると、クレジットカードの審査に落ちることになります。

 

銀行系のクレジットカードの場合には、年収の1/3を超える融資を行うことも可能ですが、他社のローンを多く借りている多重債務状態の人に対しては、新たな融資をおこなうことはありません。目安としては、ローンを抱えている会社が3〜4社になると、クレジットカードの審査に合格することは困難です。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり