申込書の自己申告は正しく書かないといけないの?

 

クレジットカードの審査について、申込書に記載する事項は、どこまで正しく書かないといけないのでしょうか?

 

 

クレジット会社が独自に調査する事項は、正しく書かないとバレるの?

 

クレジットカード会社が自主的に調査したり、確認したりする項目として、個人の信用情報が挙げられます。信用情報には、申込書にも記載する現状のローンやキャッシングの件数や残高、返済状況が含まれています。

 

従って、クレジットカードの審査に通りやすくしようと、実際よりもローン件数や残高などを少なく申込書に記入した場合、簡単にバレてしまいます。逆に、虚偽の申告をしたということで、マイナスの評価となります。

 

従って、現在のローンの状況については、正直に記入することをお勧めします。

 

 

自己申告にもとづいて審査される事項なら、バレないの?

 

クレジットカードに付帯するキャッシング枠が50万円を超える場合などには、年収や所得を証明する書類を提出する必要があります。

 

逆に、キャッシング枠が少なく、年収や所得の証明書類を提出しない場合には、基本的にクレジットカードの申込書に記載された金額にもとづいて審査されます。また、勤務状況についても、キャッシング枠が少ない場合には、特に在籍確認の電話などはなく、申込書に記載された情報を基に審査されます。

 

では、クレジットカード審査に通りやすくするため、これらの項目を偽って記入することは有効でしょうか?

 

基本的には、どの程度の職種や職業であればどの程度の年収となるかなどは見当がつきますので、勤務状況や収入を粉飾した場合には、記入された情報が疑わしいと思われる可能性が高いと思われます。

 

それらの場合には、当然在籍確認などが行われ、虚偽を記載したことがバレる可能性が高くなります。

 

従って、自己申告にもとづいて審査される事項であっても、正直に記入することをお勧めします。

 


クレジットカードを作りたいなら

派遣・パートの人にも発行実績あり