フリーターやアルバイトでも大丈夫でしょうか?

画像
クレジットカードの審査について、フリーターやアルバイトでも大丈夫でしょうか?

 

 

フリーターやアルバイトはクレジットカード審査で不利なの?

 

クレジットカードの審査では、収入が安定していることが求められます。

 

フリーターやアルバイトなどの短期間の契約雇用の状態では、契約期間が過ぎれば次の期間の雇用契約が成立する保証はありません。従って、正社員などに比べると雇用条件が安定しておらず、収入が安定していないとみられがちになります。

 

一般的に、フリーターやアルバイトは正社員に比べると、クレジットカード審査で不利になるという側面はいなめません。

 

 

フリーターやアルバイトでもクレジットカード審査に合格するためには?

 

まずは、フリーターでもアルバイトでも、ひとつの企業に長く勤めた実績を作ることが肝心だと思われます。勤続年数が多くなると、それだけ収入が安定していると見られやすくなります。

 

また、両親と同居しているなどの場合には、相対的に審査がゆるくなることもあるようです。

 

フリーターやアルバイトなどの場合には、なるべく若いうちにクレジットカードを申し込んでおく方が得策だと思われます。年齢が若ければ、収入が多くなくてもさほど不自然ではありません。

 

クレジットの利用額を抑えるという形で、クレジットカード審査に合格できるケースがあります。

 

少額でもクレジットの利用実績と返済実績を重ねていくと、年数が経過するとともに、より利用枠の大きいカードに申し込めるようになります。

 

クレジットカード審査おすすめランキング!